車査定サービス検討委員会

お仕事が忙しい方でも車査定を受けやすいジーアフター

千葉県にあるジーアフターという車の買取り業者は、
普段お仕事でお忙しい方々に配慮をしてくれていると思います。

 

まずこの業者の場合は、かなり遅い時間帯まで査定を行ってくれますね。

 

夜の時間帯でも車査定を行ってくれるという訳ですが、
ジーアフターの場合は21時まで査定が可能だそうです。

 

平均的には、多くのサラリーマンは20時前後には帰宅しているかなと思います。
会社から帰ってきて在宅している夜のタイミングでも、
査定を受ける事ができるでしょう。
ちなみに朝は、9時から査定を行っています。

 

夜の時間帯に査定が受けられるのは、普段の仕事がお忙しいサラリーマンにとっては嬉しいことですね。
ちなみにジーアフターから金額が提示されるまでの時間は、およそ30分前後だそうです。
状況によっては1時間程度かかる事もあります。

 

しかし人によっては、20時前後でも査定は難しいという方もいらっしゃるでしょう。
サラリーマンの方々であれば、日々残業が続いていても不思議はありません。
20時には帰宅できない方も、中にはいらっしゃるでしょう。

 

ところがジーアフターの場合、ある程度場所を指定する事もできます。
人によっては、マイカーで通勤している方もいらっしゃるかもしれません。
その場合、マイカーをお勤め先に駐車している事もあるでしょう。
そのお勤め先での車査定も、ジーアフターでは可能だそうです。

 

もちろんそれ以外の場所でも車査定は可能です。
そのような点が公式にて明示されているという事は、普段お仕事が忙しいサラリーマンの方々による
車査定の依頼が多い業者なのかもしれませんね。

 

いずれにしてもジーアフターという業者は、普段のお仕事が忙しい方でも
査定を受けやすいかと思います。この業者の大きな特徴の1つでしょう。

車の買取額を大きく左右する要素の1つは、年式です。もちろんそれが古い方が、やはり買取額は厳しくなりがちですね。
ところで年式が微妙になるラインの1つに、7年があります。5年落ちでも10年落ちでもありませんので微妙な数字ですが、買取は厳しくなりがちです。

 

やや売却が難しくなる7年落ち

 

ある方が7年落ちの車をディーラーで見てもらったところ、値段が付かなかったのだそうです。理由はもちろん、年式が古いからです。
しかし10年落ちほど厳しくないようですね。それ位の年式になると無料引き取りどころか有料の処分料金が発生してしまう事すらあります。ディーラーでは厳しくなりますし、車の買取専門店でもそのような状況になってしまう事があるのです。7年落ちはそこまで厳しくはなりませんが、やはりディーラーでゼロ円になってしまう事はあります。ですので、ちょっと微妙なのは確かでしょう。

 

7年落ちで問題無いかはお店次第

 

しかし、もちろんそれもお店次第です。そもそも前述の10年落ちなのですが、買い取ってくれるお店は沢山あるのですね。特に大手業者などは、10年落ち車を買い取っている事例が非常に多いです。一括査定のサイトを見てみると車の買取データが開示されているのですが、10年落ちを買い取っている事例は本当に多いですね。ですのでそれよりも3年若い7年落ちの車は、当然一部のお店では買い取ってくれる事になります。
またディーラーでも、稀に買い取ってくれる事があるのです。ディーラーとしても一部の車を確保したいと思っている事があるので、念のため査定を受けてみると良いでしょう。もちろん他のお店と比較をするべきなのは、言うまでもありません。
こうして見ると、あまり年式は意識しない方が良いかもしれませんね。7年落ちでも10年落ちでも、買い取ってくれるお店は確かに存在するからです。
ヴェルファイアの下取り価格

続きを読む≫ 2015/05/28 18:46:28

車の走行距離は、車の買取額とは非常に大きな関係があります。

 

一般的には、やはり10万キロが1つのボーダーラインですね。10万キロを超えると、車の金額は大きく下がる傾向があるのです。ですので10万キロを超えているとなると、ちょっと買い取り金額は期待できないと考えている方もいらっしゃるでしょう。

 

しかし中には例外もあります。かなり走行距離が長い車でも、非常に高い金額で買い取られている事例もあるからです。

 

かなりの距離の車が1,000万円以上で買い取られた事例

 

ある業者による情報なのですが、そこではかなり高い金額で車を買い取っていたようですね。その車は一見すると、あまりスペックが高いようには見えません。なぜなら走行距離がかなり長いからです。

 

その業者では買い取った車のデータを明示しているのですが、18万キロ台ですね。18万という数字は、買取額はかなり厳しくなる事が多いです。前述のように10万キロを超えれば買い取り額は厳しくなる傾向がありますが、さらに上の15万キロを超えるともっと厳しくなる事が多いのです。

 

しかし上記の業者は、その車を1,000万円台で買い取っていたようです。1,000万円という数字は、買取金額としてはかなり大きいですね。

 

過走行でも買取額が高くなる事があるトラック

 

ちなみに上記の業者なのですが、主にトラックを買い取っています。トラックという車種は、概して買い取り額が高くなる事が多いですね。かなり走り込んでいても数百万円で売れるケースも、多々あります。18万キロでも1,000万円台で買い取れる訳ですから、やはりトラックという車種はそれだけ高く評価されやすいでしょう。

 

このように10万キロを超えていても、車の種類によってはかなり高く売れる事もある訳ですね。ちょっと特殊な車を持っているのであれば、たとえ過走行でも査定を依頼してみる価値はあると思います。

 

【BM/BR系】5代目レガシィ買取相場

続きを読む≫ 2015/01/03 11:54:03